産業用太陽光発電って?

産業用に太陽光発電をすること

年間発電量はどのくらい?

投稿日 2014年5月27日 12:05 PM | 投稿者 さんぎょうようたいようこう

太陽の光エネルギーを電気エネルギーに変換する仕組みの事を太陽光発電と言いますが、太陽光発電のメリットは、太陽の光エネルギーには無尽蔵であるという事と、クリーンなエネルギーであると言う2つの利点があります。
そのため、産業用として発電が行われている他、一般的な住宅にも利用されているのです。

海09

 

太陽光発電設備を導入する場合、設置条件を考慮しなければなりません。
また、設置をした結果、年間の発電量がどのくらいになるのかと言う事も、シミュレーションを行う事が必須とされます。

 

 

太陽光発電は、屋根の向きが南に向いている事と、屋根の傾斜角度が30度である条件が最も発電効率を高める諸条件となります。
勿論、屋根の角度や方角がこのような条件で無くても発電を可能にしますが、出来る限りこの条件にマッチしている方が設置の条件には良いわけです。
尚、シミュレーションを行う場合、産業用などの発電設備は10kWあたりの発電量で求めることになりますが、一般の住宅などの場合では
10kWあたりではなく、1kWあたりでの発電量で求めることになります。

 

これは発電設備でもある、ソーラーパネルの出力量を示しているもので、一般の住宅などでの太陽光発電は10kWを超えることは殆ど無いからなのです。

コメントを受け付けておりません。