産業用太陽光発電って?

産業用に太陽光発電をすること

事前のシュミレーションが重要

投稿日 2014年5月27日 12:05 PM | 投稿者 さんぎょうようたいようこう

太陽の光エネルギーを電気エネルギーに変換するのが太陽光発電システムです。

海-イルカ

 

太陽の光エネルギーは果てる事にない、エネルギーであり、地球環境にやさしいエネルギーでもあるのです。
住宅の屋根の上に、ソーラーパネルを設置する事で、太陽の光を電気エネルギーに変換してくれると言う画期的なシステムは、徐々にその規模を拡大している所でもあるのです。

 

 

しかしながら、太陽光発電は環境と言うものに大きく左右されるものです。
屋根の広さや、屋根の向き、そして屋根の傾斜角度などにより発電量は左右されることになります。
また、一日の日照時間や、気候などによっても発電量は影響を及ぼすことになりますので、発電設備を導入する場合には、発電量のシュミレーションを行う事が大切です。

 

 

現在の住宅の屋根の向きがどの方角であるのかにより、電気量の損失は変わります。
太陽光発電を導入するにあたり、最も発電量を期待できるのは、南に向いている屋根であり、屋根の傾斜角度が30度の場合に100と言う発電量を期待でき、方角が西や東に傾いていたり、傾斜角度が30度の基準からずれる事で、損失と言うものが生じる事になります。
但し、発電量が著しく低下すると言う事ではなく、ベストコンディションと比較すると、発電量が少なくなると言う事なのです。

コメントを受け付けておりません。