産業用太陽光発電って?

産業用に太陽光発電をすること

導入までの流れ

投稿日 2014年5月27日 12:03 PM | 投稿者 さんぎょうようたいようこう

海07

 

 

 

 

 

 

 

太陽光発電には大きく分けて住宅用と産業用の2つの種類があります。
産業用と言うのは、全量買取りなどを目的としているものや、工場の屋根の上にソーラーパネルを設置して、工場内部で電気を利用したり、余剰電力を買取りして貰う目的のものになります。
一方、住宅用の場合は、住宅の屋根に上にソーラーパネルを設置し、発電した電力を住宅内部で利用すると伴に、余剰電力を電力会社に売電を行う目的があります。

 

 

いずれの場合も、導入するにあたり、どれだけの発電量が期待出来るのかと言った事を現地調査を行い、発電のシミュレーションを行う必要が在ります。
これは、ソーラーパネルの性能にもよりますが、発電量が不足している場合では、ソーラーパネルを増設する必要も出て来るからなのです。
そのため、施工を行う場所の環境などを確認しておく事が大切なのです。

 

 

一般的に太陽光発電には発電効率と言うものがあります。
発電効率は、ソーラーパネルを設置する屋根の環境により、影響を及ぼします。
一般的には、南に向いている屋根で、屋根の傾斜角度が30度の場合に発電効率を100として計算を行う事になりますので、施工する屋根の環境と言うのは発電における効果にも影響を及ぼす事になるのです。

コメントを受け付けておりません。