産業用太陽光発電って?

産業用に太陽光発電をすること

産業用太陽光発電のデメリット

投稿日 2014年5月27日 12:02 PM | 投稿者 さんぎょうようたいようこう

一般家庭ではなく企業や工場の屋上など敷地内に太陽光発電パネルを設置することを考えている場合、太陽光発電のメリットだけでなくデメリットもしっかり理解した上での導入を実行すべきであると言えるでしょう。

 
具体的にどのようなデメリットがあるのかというと、天候によっては太陽光の伝導率が下がってしまい電力となる割合が少なくなってしまうことがあるという点と、初期投資に必要なコストに比べ収益となるまでにかなりの時間が掛かってしまうという点です。

海06
太陽光発電パネルは当然ながら太陽の熱を利用して電気を作るといったシステムが取られています、そのため曇りや雨が多い地域の場合その性能を十分に発揮できないという場合もありえるため天候に恵まれていない地域では初期投資費用の回収にさらに年月が掛かってしまう恐れがあるということを覚えておくといいでしょう。

 
とはいえ産業用の太陽光パネルは家庭用のパネルに比べ大規模で設置されるため、結果として多少天候が悪くともそれなりの伝導率を発揮するというのも事実です。

 
中長期的な目線で見れば確実に利益に繋がるシステムであるは間違いないため、導入を行うのであれば早めに契約を取り付けるべきだという点も記憶しておいてください。

コメントを受け付けておりません。