産業用太陽光発電って?

産業用に太陽光発電をすること

CSRとしての太陽光発電

投稿日 2014年5月27日 12:01 PM | 投稿者 さんぎょうようたいようこう

CSRとは企業の社会的責任のこと、いわゆる自分達が何かをすることで社会に影響することへの責任を持つことです。

 

企業イメージというのも経営をしていくには影響が出てくるのであまり好ましくないことをしていると傾く危険性が高いので重要です。

 

では太陽光発電を企業が導入することによるそうした社会への影響はどうなるのでしょうか。

 

海05まず太陽光発電は自家発電となります、そう電気を他から買う必要がなくなるのです。

 

それだけでなく作った電気を売電することで社会へと電気の提供をすることができるのです。

 

そして何よりこの太陽光発電を導入することでの社会的なメリットは環境問題の話もあります。

 

特に我々が普段から使っているエネルギーはそれを生み出す過程で環境へと悪影響を与えています。

 

それがこのまま進めば地球によい影響を与えないのは明白でしょう。

 

そしてその環境を考えるために今ではエネルギーはエネルギーでも再生可能エネルギーへのシフトが考えられていて太陽光発電もその再生可能エネルギーの1つとして入っているのです。

 

実際に太陽光発電はただ太陽の光を電気に還元するだけで環境に悪い影響を与えるようなものではありません。

 

確かに設置工事の際には土地に注意する必要がありますが、環境にダメージを与えない方法で社会に貢献できれば企業イメージもよくなり信頼がされるようになる可能性が高いでしょう。

 

太陽光発電の導入は売電による金銭という目に見える利益と同時に、そうした目に見えない利益も見込めるものなのです。

コメントを受け付けておりません。