産業用太陽光発電って?

産業用に太陽光発電をすること

2014年5月 のエントリー


アフターサービスのしっかりしている販売店を選ぼう

2014年5月27日 - 12:07 | 投稿者 さんぎょうようたいようこう

太陽光発電システムは石油などの資源と違ってクリーン且つ寿命が長いエネルギーとなっており、また自然の太陽光を利用した再生可能エネルギーとなっております。

 

そしてこのエネルギー源は電気として活かす事が出来るため、電力会社での買取サービスも実用化されて稀代のシステムとして各家庭に浸透しつつあります。

海と夕日

しかしながら、雨風に吹きさらしのシステムがメンテナンスフリーで何十年も安定した供給を生み出せるはずもなく、人が作ったものである以上、最低限の点検やメンテナンスは必須事項であり、故障などはそのシステムが存在している以上、避けては通れない運命となっているのです。
ちなみにパワーコンディショナーの寿命は10年から15年位であり、性能は安定してきましたが寿命自体については格段的な進化を果たした訳ではなく、定期的な洗浄サービスをもランニングコストの一環としてインターネットで展開している業者の相見積もりを視野に入れた上での通常メンテナンスとして受ける必要があります。

 

そしてメインの機構である発電モジュールの寿命は20年以上という触れ込みですが、洗浄サービスをまったく受けない状態では故障する確率が上がってしまうのでしてしまうので、注意が必要です。

カテゴリー 未分類 | アフターサービスのしっかりしている販売店を選ぼう はコメントを受け付けていません。

産業用太陽光発電の保険

2014年5月27日 - 12:06 | 投稿者 さんぎょうようたいようこう

家庭用を前提としている太陽光発電の保険は、最大発電量が10kw未満の場合に各メーカーから保証があります。

 

 

しかし、産業用となると、最大発電量が10kwを超えることがほとんどであるため、各メーカーの保証も期待できません。

海-クジラ

 

ですので、自己負担での加入になります。

 

 

保証の対象となるものは、一般的に火災、落雷、破裂、爆発、風災、雹災、雪災などの自然災害による場合と、外部からの衝突や水漏れ、労働争議、盗難、その他事故などの人為的事故と不測かつ突破的事故となります。

 

 

加入する際は、自然災害時と人為的な事故と不測かつ突発的事故をフルリスクをカバーしてくれるタイプがいいでしょう。

 

太陽光発電の場合は、自然災害はほぼ必須ですが、それに加え、盗難や電気的機械的事故の保証があると安心できます。

 

 

また、別途付帯したいものとして、休業補償と利益補償と呼ばれるタイプがあります。これは、事故により太陽光発電所が充電することができなくなった期間の売上を補償してくれるものです。料金に関しては、会社により様々ですので、数社にお見積もりを依頼することをお勧めします。会社によっては複数年契約をすることで割引をしてくれるところもありますので、そちらも検討するといいでしょう。

カテゴリー 未分類 | 産業用太陽光発電の保険 はコメントを受け付けていません。

事前のシュミレーションが重要

2014年5月27日 - 12:05 | 投稿者 さんぎょうようたいようこう

太陽の光エネルギーを電気エネルギーに変換するのが太陽光発電システムです。

海-イルカ

 

太陽の光エネルギーは果てる事にない、エネルギーであり、地球環境にやさしいエネルギーでもあるのです。
住宅の屋根の上に、ソーラーパネルを設置する事で、太陽の光を電気エネルギーに変換してくれると言う画期的なシステムは、徐々にその規模を拡大している所でもあるのです。

 

 

しかしながら、太陽光発電は環境と言うものに大きく左右されるものです。
屋根の広さや、屋根の向き、そして屋根の傾斜角度などにより発電量は左右されることになります。
また、一日の日照時間や、気候などによっても発電量は影響を及ぼすことになりますので、発電設備を導入する場合には、発電量のシュミレーションを行う事が大切です。

 

 

現在の住宅の屋根の向きがどの方角であるのかにより、電気量の損失は変わります。
太陽光発電を導入するにあたり、最も発電量を期待できるのは、南に向いている屋根であり、屋根の傾斜角度が30度の場合に100と言う発電量を期待でき、方角が西や東に傾いていたり、傾斜角度が30度の基準からずれる事で、損失と言うものが生じる事になります。
但し、発電量が著しく低下すると言う事ではなく、ベストコンディションと比較すると、発電量が少なくなると言う事なのです。

カテゴリー 未分類 | 事前のシュミレーションが重要 はコメントを受け付けていません。

年間発電量はどのくらい?

2014年5月27日 - 12:05 | 投稿者 さんぎょうようたいようこう

太陽の光エネルギーを電気エネルギーに変換する仕組みの事を太陽光発電と言いますが、太陽光発電のメリットは、太陽の光エネルギーには無尽蔵であるという事と、クリーンなエネルギーであると言う2つの利点があります。
そのため、産業用として発電が行われている他、一般的な住宅にも利用されているのです。

海09

 

太陽光発電設備を導入する場合、設置条件を考慮しなければなりません。
また、設置をした結果、年間の発電量がどのくらいになるのかと言う事も、シミュレーションを行う事が必須とされます。

 

 

太陽光発電は、屋根の向きが南に向いている事と、屋根の傾斜角度が30度である条件が最も発電効率を高める諸条件となります。
勿論、屋根の角度や方角がこのような条件で無くても発電を可能にしますが、出来る限りこの条件にマッチしている方が設置の条件には良いわけです。
尚、シミュレーションを行う場合、産業用などの発電設備は10kWあたりの発電量で求めることになりますが、一般の住宅などの場合では
10kWあたりではなく、1kWあたりでの発電量で求めることになります。

 

これは発電設備でもある、ソーラーパネルの出力量を示しているもので、一般の住宅などでの太陽光発電は10kWを超えることは殆ど無いからなのです。

カテゴリー 未分類 | 年間発電量はどのくらい? はコメントを受け付けていません。

産業用太陽光発電の補助や優遇税制について

2014年5月27日 - 12:04 | 投稿者 さんぎょうようたいようこう

太陽光発電といえば屋根にソーラーパネルの設置をしてそれから電気を作るというのが一般的な形ではあり、そしてその電気は買い取ってもらうことができます。

 

 

しかし、その太陽光発電で作られた電気が一定になると全て買い取ってもらえるようになるため、この規定を見込んで太陽光発電を事業として導入している企業も増え始めてきています。

海08

実際に利益を見込んで事業として組み込むのなら設置にかかるコストやどれぐらいの利益が出るのか考えなくてはいけませんがそれと同時に国から出る支援のことも考えなくてはいけないでしょう。というのもこうした形態の太陽光発電は公的支援制度により国から支援が出ます。

 

経済産業省の補助には売電の価格の固定化や、いざ工事をする際の費用の軽減、そしてそれにかかる税額の軽減といったもりが受けられます。

 

 

もちろんどれも対象となる条件があるので、それを太陽光発電の導入に関してはその条件を満たしているかどうか調べてからやりましょう。

 

 

また地方自治体の方も補助と優遇税額の制度を実施していることがあります。これは地域によっても異なってくるので、自分の地域の自治体のサイトを見物したり問い合わせをしてどのような内容になっているか確認をしましょう。

カテゴリー 未分類 | 産業用太陽光発電の補助や優遇税制について はコメントを受け付けていません。

導入までの流れ

2014年5月27日 - 12:03 | 投稿者 さんぎょうようたいようこう

海07

 

 

 

 

 

 

 

太陽光発電には大きく分けて住宅用と産業用の2つの種類があります。
産業用と言うのは、全量買取りなどを目的としているものや、工場の屋根の上にソーラーパネルを設置して、工場内部で電気を利用したり、余剰電力を買取りして貰う目的のものになります。
一方、住宅用の場合は、住宅の屋根に上にソーラーパネルを設置し、発電した電力を住宅内部で利用すると伴に、余剰電力を電力会社に売電を行う目的があります。

 

 

いずれの場合も、導入するにあたり、どれだけの発電量が期待出来るのかと言った事を現地調査を行い、発電のシミュレーションを行う必要が在ります。
これは、ソーラーパネルの性能にもよりますが、発電量が不足している場合では、ソーラーパネルを増設する必要も出て来るからなのです。
そのため、施工を行う場所の環境などを確認しておく事が大切なのです。

 

 

一般的に太陽光発電には発電効率と言うものがあります。
発電効率は、ソーラーパネルを設置する屋根の環境により、影響を及ぼします。
一般的には、南に向いている屋根で、屋根の傾斜角度が30度の場合に発電効率を100として計算を行う事になりますので、施工する屋根の環境と言うのは発電における効果にも影響を及ぼす事になるのです。

カテゴリー 未分類 | 導入までの流れ はコメントを受け付けていません。

産業用太陽光発電のデメリット

2014年5月27日 - 12:02 | 投稿者 さんぎょうようたいようこう

一般家庭ではなく企業や工場の屋上など敷地内に太陽光発電パネルを設置することを考えている場合、太陽光発電のメリットだけでなくデメリットもしっかり理解した上での導入を実行すべきであると言えるでしょう。

 
具体的にどのようなデメリットがあるのかというと、天候によっては太陽光の伝導率が下がってしまい電力となる割合が少なくなってしまうことがあるという点と、初期投資に必要なコストに比べ収益となるまでにかなりの時間が掛かってしまうという点です。

海06
太陽光発電パネルは当然ながら太陽の熱を利用して電気を作るといったシステムが取られています、そのため曇りや雨が多い地域の場合その性能を十分に発揮できないという場合もありえるため天候に恵まれていない地域では初期投資費用の回収にさらに年月が掛かってしまう恐れがあるということを覚えておくといいでしょう。

 
とはいえ産業用の太陽光パネルは家庭用のパネルに比べ大規模で設置されるため、結果として多少天候が悪くともそれなりの伝導率を発揮するというのも事実です。

 
中長期的な目線で見れば確実に利益に繋がるシステムであるは間違いないため、導入を行うのであれば早めに契約を取り付けるべきだという点も記憶しておいてください。

カテゴリー 未分類 | 産業用太陽光発電のデメリット はコメントを受け付けていません。

CSRとしての太陽光発電

2014年5月27日 - 12:01 | 投稿者 さんぎょうようたいようこう

CSRとは企業の社会的責任のこと、いわゆる自分達が何かをすることで社会に影響することへの責任を持つことです。

 

企業イメージというのも経営をしていくには影響が出てくるのであまり好ましくないことをしていると傾く危険性が高いので重要です。

 

では太陽光発電を企業が導入することによるそうした社会への影響はどうなるのでしょうか。

 

海05まず太陽光発電は自家発電となります、そう電気を他から買う必要がなくなるのです。

 

それだけでなく作った電気を売電することで社会へと電気の提供をすることができるのです。

 

そして何よりこの太陽光発電を導入することでの社会的なメリットは環境問題の話もあります。

 

特に我々が普段から使っているエネルギーはそれを生み出す過程で環境へと悪影響を与えています。

 

それがこのまま進めば地球によい影響を与えないのは明白でしょう。

 

そしてその環境を考えるために今ではエネルギーはエネルギーでも再生可能エネルギーへのシフトが考えられていて太陽光発電もその再生可能エネルギーの1つとして入っているのです。

 

実際に太陽光発電はただ太陽の光を電気に還元するだけで環境に悪い影響を与えるようなものではありません。

 

確かに設置工事の際には土地に注意する必要がありますが、環境にダメージを与えない方法で社会に貢献できれば企業イメージもよくなり信頼がされるようになる可能性が高いでしょう。

 

太陽光発電の導入は売電による金銭という目に見える利益と同時に、そうした目に見えない利益も見込めるものなのです。

カテゴリー 未分類 | CSRとしての太陽光発電 はコメントを受け付けていません。

産業用太陽光発電のメリット

2014年5月21日 - 4:12 | 投稿者 さんぎょうようたいようこう

工場の屋根はとても広いスペースがありますが、工場によってはとても日当たりの良い屋根を持つ場所も在ります。
このような工場の屋根にソーラーパネルを設置する事で、多くの発電を可能にしてくれると言います。
これは一般の住宅に設置するソーラーパネルと性能そのものは同じであっても、多くのソーラーパネルを設置できることや、利用目的が産業用と言う事からも、一般的な住宅の太陽光発電とは分けられています。

海04

 

 

 

 
工場の中では、様々な産業用機械が利用されており、電気料金も多く掛かります。
これらは企業が負担をしているわけですが、これに太陽光発電の設備が導入される事で、余剰電力買取り制度であれば、工場の中で利用しなかった余剰電力は電力会社に買取りされ、電気代を節約する事が可能になりますし、万が一停電が起きた時でも、工場の中には発電した電力がありますので、機械を動かせるというメリットもあります。

 
震災などの災害時などの場合、ガスや電気と言ったライフラインが停止することからも、停電の状態になる事が多くあります。
また、災害時でも、工場や工場で働く人々が正常の状態であれば、太陽光発電設備があれば、工場は稼動させる事が出来るというメリットもあるのです。

カテゴリー 未分類 | 産業用太陽光発電のメリット はコメントを受け付けていません。